【レポート】11/21(日)chinami & the BAND Live 2021 開催しました!

2年越しとなったchinamiのライブ。紆余曲折を経て無事開催いたしました。

お越し頂いたみなさま、一緒に演奏してくださったみなさま、遠くから応援してくださったみなさま、本当にありがとうございました。

今回は長年のパートナーであったピアニストmihoが本業の講師業に専念するため今回から新しいピアニストが参加。さらにバンド、コーラスの大所帯でのライブ。はじめてづくしのライブはどうだったのか?いつもの例のヤツはあったのか?2年分のパワーが注入された渾身のライブ。レポートいたします。

(*セットリストは最後に掲載)

■日時:2021/11/21(日)14:30開場・15:00開演

■会場:今池ガスホール


今回の会場は今池ガスホール。感染拡大防止の為に事前予約、消毒・検温などみなさまご協力ありがとうございます。何度かお越しいただいた方も、初めての方も入り混じって客席は満員御礼。開演前から毎回恒例のアナウンスも相まって、熱い雰囲気です。うちわを持った常連様も発見!

Opening Act "motto"

ゴスペルディレクターでありボイストレーナーであるchinamiに指導を受ける生徒の中でも、ウタウコト。選抜ゴスペルグループ”motto(モット)”は、より愛と厳しい教えを受けてきたメンバー。コロナ禍において発表の場を失ってしまったところ、chinamiからの声掛けにより今回オープニングアクトの役を担うことに。

大きなプレッシャーがある中、お客様の温かい拍手に助けられ、愛弟子たちは、自分達らしくのびのびとリハ以上の力を出し切りました。皆様、ご覧いただきありがとうございます!


いよいよオープニング

ふふふとおもわずステージライトアップ前に笑みが溢れてしまうchinami。新ヘアスタイルとシックなドレスにロックなベルトでマーキング、加えてレザーのニーハイブーツで登場。これまでにないスタイルに期待が高まります。衣装にぴったりなイヤリングも素敵!

お越しいただいた皆様への感謝の気持ちが止まらず、でもMCを自制しつつ、オープニングはchinamiが惚れ込んで口説き落としたピアニスト伊藤絵理香と力強いメッセージが込められたバラード2曲。『If It Ain't Got You』からスタート。

開催出来なかった2年間の思いを込めまくったライブ。昨年開催していればちょうど「鬼滅の刃」ブーム真っ只中。一年越しだけど何よりいい曲!と二人で選んだ『紅蓮華』『炎』。伸びやかな声と情感あふれるピアノがベストマッチ。

THE BAND 登場!!

今回はタイトルにもあるように初のバンドセッションあり。ハードロックなスタイルでメンバーを呼び込み、スピード感あふれる(そしてchinami同世代には刺さりまくる)『限界LOVERS』!

THE BANDの詳しいメンバー紹介はこちらのページ

バンドメンバーとの初のセッション。うなるギターにベース&ドラム(上手い!)のリズム、妖艶なキーボードに会場は大盛り上がり!とにかく歌い手本人が一番楽しそう。

ロックの女王から歌のお姉さんへ!?

ハードなステージを盛り上げた直後とは思えない転換で次のコーナーへ。常連の方にはおなじみのあの名物コーナー「ボイストレーナー的歌い方講座&モノマネ」コーナータート。今回のキーワードは歌のお姉さん、演歌、オペラ歌手、ガタガタ道を暴走!?など…。

このコーナー、明らかに笑いを取りにきているのに、歌唱表現のスキルの高さが凄いので、客席は笑いと圧倒感と称賛がミックス。さらに、今年はお客様の反応がより凄かった。内容はライブ参加者のみのお楽しみ!(動画が残されているという噂もあります…)

これをやりたかったが故の…!

コーナーで勢いづいた本日の主役が、今回どうしてもやりたかったこと。それは、生バンドとピアノ、コーラスと共にQUEENの『ボヘミアン・ラプソディ』を歌うこと!

THE BANDとピアノに加え、コーラス隊「MRKTS(マーケッツ)」がここで登場。

超絶に難しい旋律を低音から高音まで歌い上げるchinamiとコーラス。もちろん生バンド&ピアノと全員での演奏はまさに圧倒でした。

ライブはいよいよ終盤へ

終わりたくない!といいつつライブは後半戦へ。

再びピアノのみの演奏で、高みを目指す強い意志を持ち続ける思いを『Never Enough』に込めて。

MRKTSとの出会いと祖母のこと

再びMRKTSと。これまで洗礼を受けていない身でゴスペルを歌うことに少なからず罪悪感があったとchinami。自由にゴスペルを歌うMRKTSとの出会いで、ゴスペルの寛容さを知り、今年亡くなった自身の祖母を思い『AMAZING GRACE』を一緒に歌いたいとMRKTSにオファー。

アカペラで歌い上げるボーカルと美しいハーモニーは会場に響き渡り、毎年ライブを楽しみにしていた天国のおばあちゃんにも届いたのではないでしょうか。

“そして覚えていること”

これまで伝えることがたくさんある!とばかにりにMCを行ってきたchinamiでしたが、次の曲紹介では言葉が思いについていかないと、涙をこらえて心のうちを語ります。

コロナ禍の厳しい状況下でライブ開催決定までの迷い、そして本当に開催していいんだろうかという不安を抱えていたこと。でも開催を告知したとき、たくさんの方が待っていて集ってくれたことにその思いが消えたと。「愛しかありません」「覚えてくれていてありがとう!」。その思いを『誕生』に込めました。そして、これからの未来を思い最後の曲『明日へ』。

カーテンコール&アンコール

これまで、主に2人体制だったライブ。今回は総勢15名でのライブとなりました。最後は全員呼び入れ「あれがやりたい!」と手をつないでのお辞儀でカーテンコール。

アンコールをいただいて、再度ピアニスト伊藤絵理香と2人で登場。『Jupiter』を歌い上げライブを終了しました。

みなさま、最後まで本当にありがとうございました!

 

※なお、本ライブは公益財団瀬戸市アーティスト活動支援事業せともんアーティスト様のご協力を受け開催いたしました。ご支援誠にありがとうございました。

また素敵な会場をお借りした今池ガスホール様にもお礼申し上げます。

次回もお会いしましょう!

次回も必ず開催します。また皆さん会いに来てください。

本人は「あー!倍の時間やりたかった!てか、2DAYSやりたかった!」と宣っております笑。またお知らせしますので、ぜひそれまで、覚えていてくださいね!またお会いしましょう!


★アーティストとしてのchinamiに魅力を感じていただいたあなた。歌の素晴らしさに感動してくださったあなた。あなたご自身も歌ってみませんか?「ウタウコト。」ではボイストレーニング生徒随時募集中です。お待ちしています!

  【本日のセットリスト】

【with ピアノ】

・If I Ain’t Got You(Alicia Keys)

・Hello (Adele)

・紅蓮華(LISA)

・炎(LISA)

【with THE BAND】

・限界LOVERS(SHOW-YA)

・Burn(Deep Purple)

【ボイトレ的講座】

・Into the Unknow〜心のままに〜“アナと雪の女王”より

・ゲレンデがとけるほど恋したい(広瀬香美)

【with THE BAND/ピアノ/コーラスMARKETS】

・ボヘミアンラプソディー(QUEEN)

【with ピアノ】

・Never Enough〜”The Greatest Showman"より

【with コーラスMERKETS(アカペラ)】

・Amazing Grace

【with ピアノ】

・誕生(中島みゆき)

・明日へ(MISIA)

【アンコール with ピアノ】

・ジュピター(平原綾香)

 

※Opening Act by ウタウコト。ゴスペル選抜メンバー”motto"

 ake/juju/lyla/madoka

・ABC(Jackson5)

・Born This Way(Lady GAGA)